スパルタ人のように生きて

                        さっきまで頭になかったものを

読書のススメ!読書によって得られる3つのこと

 

f:id:betterup:20160829153728j:plain

 

 

こんにちは。

まだまだ蒸し暑くてなかなか外に出るのが億劫な季節ですね。

 

そこで、どこでもできるツールとして便利なのは、ズバリ読書です!

今日は、漠然と「暇だ」「賢くなりたい」「頭良くなりたい」と思っているが、何をすれば良いかわからない!という人のためにも、読書を勧めたいと思います。

 

今回は読書のメリットを3つに分けて書いていきます。

これを読んだ後、皆さんが読書を始めてくだされば、私としても本望です。ただし忘れてはいけないのは、本を読むのは何と言っても楽しさが先にあるべきです!

本を楽しく読んで、かつ下の利点を理解し実践してくだされば、読書の効果は2倍3倍にもなります。

あなたの知らない読書の世界へようこそ。

 

 

目次

  1. 時間節約
  2. 頭が良くなる
  3. ストレス解消

 

1.時間節約

 

読書が時間節約のツールになるとは驚きでしたか?

本一冊を買うことによって、他人の失敗や成功の経験を買うことができます。

たいていの物事というのは、ある程度まではすでに他人がやっています。

そして、その失敗やその解決策を本として出版しているわけで、あなたはその過程をショートカットすることができるのです。

あるレベルまで到達するのに100時間かかったとしても、本を読めばたったの数時間でその過程を知ることができます。

私は以前ただ娯楽の一つとして読書を楽しんでいましたが、読書は時間節約のための立派な手段です。

 

また、コストパフォーマンスを考えても圧倒的に読書に軍配が上がります。

例えば、あなたが腰痛で悩んでいるとして、腰痛関連の本というのは本屋さんに行けばたくさん売っています。しかも数万円かかるセミナーや病院などに行くのと比べて、本一冊の値段というのは驚くほどのコストパフォーマンスなんです。

そして、読書自体は場所を選ばずにできる行為なので、家でも通勤途中でも、どこでも行うことができます。

 

2.頭が良くなる

 

当然、本を読めば読むほど、新しい知識に触れることができます。

私たちは普段意識的に生活しない限り、身の回りにある新聞や広告、他人の噂話やテレビからしか情報を取り込めません。しかも大体の知識は無意識に視覚に入って出て行くだけです。

 

しかし本一冊というのは、まず一つの知識について体系的に知識が網羅されています。断片的ではなく、まとまった情報をインプットできるのが読書の良いところであり、特徴であると言えます。

 

それだけではありません。

 

本を読めば読むほど、脳が活性化することが様々な研究で証明されています。(詳しく知りたい人は検索してみてください。)

昔は人間脳はせいぜい20歳で成長が止まると言われていましたが、今では人間の脳は、一生成長し続けるというのが通例となっています。

そして、その脳の成長に役立つものとして有効なのは、読書なんです。

読書というのは、頭を使うものです。文章を読む時というのは、前頭前野などのあらゆる脳の場所が活性化します。

 

知識を取り入れられて、頭も活性化する、まさに一石二鳥です。

 

3.ストレス解消

 

突然ですが、思考実験をしましょう。

あなたは今家のパソコンの前で座っています。

そしたら突然、上から奇妙な音が聞こえてきました。

何だろうと思って上を見上げてみると、天井から得体の知らない緑色のベトベトした液体が落ちてくるではありませんか。

ここであなたなら何を感じますか?

 

まず、恐怖を感じるか、好奇心にかられるか人それぞれとは思いますが、間違いなく発生するのはストレスです。人は、自分が感知しないもの、知らないものに対して怖いと感じるのが一般的です。人は、知らないものが怖いんです。

今まで同じような経験をしたことがない時、大体対処法がわからず、途方にくれるものですが、少なくともその正体を知っていれば、解決法も見えてきます。

先ほどの例を見ると、あなたは天井からドロドロの液体が落ちてきて、まず恐怖を感じたでしょう。この正体を知っているか知らないかでは、対処の方法が全く違ってきます。が、あなたはこの正体どころかこんなものは初めて見たし、原因も全く思いつきません。

 

しかし、見ず知らずの状況にも対処した先人の知恵が書いてあるのが本です。

解決法を学べば、あとは解決できますし、そこから発するストレスもなくすことができます。

知らないことを知ることは、ストレス解消の一歩なのです。

自分の心配事があれば、そのことをテーマとした本一冊を読むだけで、そのほとんどの不安は解決しますし、少なくとも軽減します。

 

悩みの渦中の深みにはまればはまるほど、狭い視野でしか物事を考えられなくなるものです。日頃から読書の習慣を身につけるだけで、問題解決の糸口が見えます。

 

 

ぜひ、読書を毎日の習慣にしてより良い毎日を!