読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

   スパルタ人のように生きて

                        さっきまで頭になかったものを

知らなきゃ損...wishとhope の違い!

 

 

こんにちは!

 

今回は英語ネタです。

 

wishとhope の違い

 

英語のwishとhopeって学校ではどっちも「〜を望む」って習ったと思うんですが、かなりのニュアンスの違いがあるんです。

 

例えば、

  1. I wish you were happy.
  2. I hope you are happy.

 

1のwishの場合、「実現の可能性が低いことについて、そうなればいいなあと望む」意味があります。

つまり、1は「(あなたは今不幸だけど、)幸せだったらいいのに。」という意味で、相手は現在幸せでないというのが前提になります。

 

一方2のhopeの場合、hopeにはwishのような意味合いはなく、単に「実現可能性を信じて望む」という意味です。

つまり、2は「幸せになってね!楽しんでね!」くらいの意味合いになります。

 

友達の誕生日などで送る場合は、2の文章が正しく意味が伝わります。

wishで送ってしまったら...ちょっと嫌味っぽい誕生カードになってしまいますね(笑)

 

ネイティヴのwishの使い方

 

ちなみに、wishで使える文をいくつか挙げると、

  • I wish you happiness.
  • I wish you a happy birthday.

この場合、「〜を祈る」となって、上のような意味はありません。

要は、I wish youの次に名詞を置けばいいんです。

 

ネイティヴが実際に使うのを見ていると、文頭の I を省略して、

Wish you a merry christmas

となっているのもよく見かけます。

 

市販のクリスマスカードなどには、よく見かける文として

  1. Wish You All A Merry Christmas
  2. Wishing You All A Merry Christmas

とあり、wishとwishingの違いが気になりますが、1と2に大した違いはありません。

 

1は I  wish ~ を省略した形で、2は I で始まる文があってそれが省略された形です。

 

それでは!