スパルタ人のように生きて

                        さっきまで頭になかったものを

英会話で使える!相手にどんどん話してもらう方法

 

 

こんにちは!

 

今回の英語ネタは、「英会話で使える!相手にどんどん話してもらう方法」です。

 

これをマスターすると、スピーキングに自信がなくても相手にどんどん話してもらえるので、話せる気になれます。(笑)

 

やり方はシンプルで、使うのはたった2単語です!

 

それでは、例題です。

 

A: I had a good summer.

B:  (             )  (           ) ?

A: Yeah, I went Mt.Fuji.

B: (            )   (            ) ?

A: No, actually I just went there and took pictures.

 

ヒント:付加疑問文を思い出して!

 

 

 

答えは、

 

 

 

 

A: I had a good summer.

B:  (    Did     )  (     you      ) ?

A: Yeah, I went Mt.Fuji.

B: (     You       )   (     climbed     ) ?

A: No, actually I just went there and took pictures.

 

です!

 

 

これは応答疑問と呼ばれていて、相手の発言に「そうなんですか」と答えて、さらに発言を促したいときに使われるものです。

 

日本語だと「それで?それで?」と言ってるようなものですね。

 

相手が I was 〜だったら Were you? になり、

My sister has just arrived ~ だったら Has she? という具合です。

 

ただし、質問ばっかりしてたら自分の会話力はつきませんよ!!

千里の道も、一歩から。

 

それでは!