読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

   スパルタ人のように生きて

                        さっきまで頭になかったものを

人を動かす前に自分が動けばいいんじゃない【自分から動く勇気】

自己啓発系

 

有名な本にデールカーネギー氏の「人を動かす」っていう本がありますけど、私が思うに人ってまず自分が動かないと動いてきませんよ。

 

努力すれば報われるのか

 

努力すれば報われるのかっていうのもなかなか難しい話だけど、これはもう目指してる目標によるとしか言いようがないと思う。

でも、宝くじは買わないと当たらないのと一緒でもちろん練習やら訓練やらをしないと結果なんてものは出ない。

 

何かで結果を出したかったらまず継続することが大切。

 

コツコツと積み重ねていけば、必ず自分に返ってきます。これは確かです。毎日腕立て伏せ100回やってればダンベルは持ち上げられなくても、はじめよりも100回やるのが楽になるでしょ。そういうもんです。

 

だから、月並みですが、頑張ればその分努力が実を結びます。それを信じて結果が出ない日々を乗り切れば何らかの花を咲かせるんです。

 

このとき大切なのは、人に期待しないこと、結果を気にしすぎないこと、強い信念を持ち続けることではないでしょうか。。

 

人に期待すると、反応がなかった時の精神的ダメージがきついです。

期待するのは、人ではなく未来の自分へです。これを乗り越えたらどんな自分に会えるのかワクワクしましょう。

 

結果を気にしすぎると、何のためにやっているのかわからなくなることがあります。一瞬一瞬の時間を大切にして今にフォーカスするのが大切です。

 

そして、人を動かす前に必要なのは自分を動かすことです。

自分を動かす原動力になるのが、最後には何なるという信念です。

 

まず、自分にできることをやる。

そうするとそれが行動に現れる。

それを周りの人間は必ずみている。

結果的に、周りも動く。

 

結果的にそうなることが自然な形だと思っています。

人を動かしたいのに、その前に自分も動かせないなら人を動かせるはずがありません。

ただ、残念なことにこういう人が多いのも事実です。

 

 

完璧でなくていい

 

立場が上になればなるほど、完璧な仕事をしなければいけないと思う人がいますが、これはむしろ逆効果だ思います。

 

人間である以上、完璧な人間はいません。

それなら、なぜ仕事において完璧なものを求めるのでしょうか。

 

それよりも大切なのは、自らチャレンジをして、その姿を周りに見せることではないでしょうか。

もしうまくいかなかったとしても、新しいことに挑戦した経験から新しい知識やアイディアが生まれてくるかもしれません。

そのチャレンジ精神旺盛な姿をみて、まわりもいい刺激になるかもしれません。

 

自分で周りを変えてやるくらいの気概があればチームに新しい夢が生まれます。

そんな夢を育てるためにも大切なのは、自分から動く勇気です。

細かい理屈は置いといて、まずあるのは目標です。

大きな目標をかかげたら自分だけでなく周りのムードも変わります。

そして、目標に向けて動き出すのです。

なんでできないかではなく、どうすればできるのかを考えることになります。

そして、大きい目標があったからこそのでっかい達成感があります。

 

大切なのは、自分から動く勇気です。